弦楽5重奏曲(第4番)K.406 のデータベース(2017/06/08)、


−この曲は、映像の演奏数は非常に少ないのであるが、弦楽5重奏のほかに、管楽5重奏、オーボエ5重奏などの編曲があり、映像で見られるのが、とても楽しく、一応、アップロードは完成している−


1、弦楽5重奏曲(第4番)K.406 のデータベース(2016/10/12現在)、

この曲は、映像の演奏数は非常に少ないのであるが、弦楽5重奏のほかに、管楽5重奏、オーボエ5重奏などの編曲があり、映像で見られるのが、とても楽しく、一応、アップロードは完成している−


 
    私の持っている弦楽5重奏曲の全集版はスメタナ四重奏団とクイケン四重奏団による2組であるが、いずれも映像ではない。K.515およびK.516については演奏が多いのでこれら2曲のデータベースを作ることとし、ここでは2006年12月現在の弦楽5重奏曲(第4番)K.406 のデータベースを作成するものである。この曲の原曲は、管楽セレナーデハ短調K.388であり、オーボエ・クラリネット・バスーン・ホルンの8重奏であり、ハ短調の調性が珍しく、4楽章のしっかりした重厚な構成を取ることから、まるでシンフォニーのようだと言われ、また、内容も深いものがあった。

  弦楽5重奏曲の第1番K.174変ロ長調から第6番変ホ長調K.614まで、通して伴奏音楽として良く聴いていたものは、クイケングループのDVDオーディオの第1号のものである。続けて6曲を連続演奏してくれ、音も美しくヴァイオリンは寺神戸さんが弾いており、実に素晴らしい流しの音楽であった。このK.406は編曲にも拘わらず、立派な優れた曲であると認識したのもこの演奏のお陰である。

 

 
弦楽5重奏曲(第4番)K.406 の4曲のデータベース(2017/06/08現在)
番号入手日付メデイアリーダー演奏団体録年月メモ1メモ2
82LPSukSmetana-Q 8106
103DVDAKuykenKuyken-Q95-99全集
911027VTWiener-PWind-Ensenble9111NHK3CH(16-10-3)
11607282DVDCapson(1V)5solists114012DVD全集(16-11-1)
1)2)3)4)5)6)
1170317CDGrumiauxGr-Trio7400M225CD193全集
981129VTOb若尾圭介Fest-Solists9806NHK芸術劇場(17-6-2)

   (以上)(2016/10/12)

     ごく最近入手した2014年モーツァルト週間のカピュソン・ハーゲン五重奏団(仮称)の全曲演奏記録の2DVDをアップロードしたので、これらの曲の映像のアップロードが出来る様になった。この2DVDは、画像が良く音声も美しい最新版である上に、演奏もとても良いので、流して聞くには絶好の、目下のお気に入り盤となっているので、お薦めしたい。このDVDは、四重奏団プラス第2ビオラの編成ではないが、モーツァルト週間で一気にまとめて収録したものであり、大らかすぎる演奏かも知れないが、アンサンブルはしっかりしており楽しい。

     続いてアップロードしたのが、古いVHSのウイーンフイルの管楽グループの来日公演の映像であった。このウイーン木管アンサンブルによる木管五重奏曲ハ短調K.406は、原曲にないフルートがほぼ第一ヴァイオリンの役割を果たしてメロデイラインの中心となり、オーボエもフルートと入れ替わることが多く、クラリネットが常にこのメロデイラインを補充し、ホルンとファゴットは低音部を受け持って全体を支え、全体の響きはデイヴェルテイメントK.388の木管調の響きに聞えていた。編曲は悪くなく、原曲が良いので、魅力的な木管五重奏曲として、充分に楽しめる演奏であった。
(以上)(2016/11/15記)


2、弦楽5重奏曲(第4番)K.406 のデータベース(2017/06/08現在)、

      クラリネット五重奏曲の古いVHSの収録曲の中に、オーボエ五重奏曲K.406の演奏が含まれており、面白いと思ってアップロードした。このオーボエ五重奏曲K.406は、モーツァルトが管楽セレナードハ短調K.388を弦楽五重奏曲K.406に編曲したものの第一ヴァイオリンの声部をオーボエが受け持ったもので、初めて聴く演奏であったが、若尾圭介のオーボエの華やかさと厚みのあるフェスティバル・ソリイスツとのアンサンブルが素晴らしく、非常に豊かなイメージを持った五重奏曲に仕立てられていた。この弦楽合奏のメンバーは、何と日本が誇る Vn;竹澤恭子、Vn;篠崎史紀、Vla;豊嶋泰嗣、Cel;堤 剛の面々であった。


、 (以上)(2017/06/08)


      
目次3にもどる
目次2にもどる
目次1にもどる
私の新ホームページへ

名称未設定