「モーツアルテイアン449のホームページ」

−ホームページ目次/その4−各目次のバックナンバー一覧−


−私のモーツアルト旅行と音楽祭めぐり・バックナンバー−

(ご注意)画面解像度は、1024*768ピクセルにセットしております。見ずらい場合は文字の大きさを「小」にご変更お願いします。


    (2019年のツアー)

  1. 2019/02/12、   「2019モーツァルト週間」ー田辺秀樹氏と行くザルツブルグへの旅に参加して〜郵船トラベルの9日間コース〜

    一日平均3回のモーツァルト・コンサートの多様なコンサートの6日間の印象記ー


    (2018年のツアー)

  2. 2018/02/09、  「2018モーツァルト週間]への旅に参加して」〜郵船トラベルの「モーツァルトの旅」〜
    −一日平均、3モーツァルト・コンサートの感想記−


    (2017年のツアー)

  3. 2017/02/16、  「ザルツブルグ・2017モーツァルト週間へ参加して」〜郵船の「モーツァルト紀行」への参加〜
    −後編;「ザルツブルグでの楽しみ」ーモーツァルテウム・グロッサーザールの素敵なオーケストラや室内楽コンサート、モーツァルト博物館における保存楽器のミニ・コンサート、教会でのミサ曲など−

    ーM.ミンコフスキー、R.テイチアーテイ、F.ルルー、R.ドウブロスキー、R.カピュソン、R.レヴィン、C.カルク、M.シャーデなどの大活躍を目にしてきた−

  4. 2017/02/10、  「ザルツブルグ・2017モーツァルト週間へ参加して」〜郵船の「モーツァルト紀行」への参加〜
    −前編;「ウイーンでの楽しみ」ー王宮礼拝堂のミサ、ウイーン国立歌劇場のオペラ、コンツエルト・ハウス、ウイーンフイルなど−

    ーM.ハイドンのミサ、オペラ「ドン・ジョヴァンニ」、シフのピアノと交響曲、ウイーンフイルの交響曲第39番・第40番・第41番−

(2016年の旅行) 

  1. 2016/12/07、 「モーツァルト生誕260年記念企画・日本モーツァルト協会後援ツアー」
    −郵船トラベル音楽の旅「南ドイツ〜フランス・アルザス〜チューリヒ10日間」に参加して−
    −後編;「モーツァルトのオペラと音楽の旅」ー「フィガロ」、「コシ」、「後宮」の三つのオペラを聴く−

  2. 2016/12/05、 「モーツァルト生誕260年記念企画・日本モーツァルト協会後援ツアー」
    −郵船トラベル音楽の旅「南ドイツ〜フランス・アルザス〜チューリヒ10日間」に参加して−
    −前編;「写真を中心とした史跡巡りと観光旅行編」

     

(2015年の旅行) 
  1. 2015/02/15、 「2015年モーツァルト紀行」−郵船トラベル音楽の旅に一人で参加して−
    −「ザルツブルグ・モーツァルト週間」&ウイーン&プラハ10日間−
    −後編;ウイーン・プラハ編;厳冬の中、コンサートを巡る旅−

     

  2. 2015/02/12、   「2015年モーツァルト紀行」−郵船トラベル音楽の旅に一人で参加して−
    −「ザルツブルグ・モーツァルト週間」&ウイーン&プラハ10日間−
    −前編;ザルツブルグ編;モーツァルト週間を中心に−
    (2015/02/12)


(2014年の旅行) 
  1. 2014/10/04、(2014年フェラインの仲間と行く初めてのルッツエルン音楽祭とロベレート音楽祭(2)
    2014年フェラインの仲間と行く初めてのルッツエルン音楽祭とロベレート音楽祭(2)−イタリー旅行編−写真集2−
    −ミラノ・ロヴェレート・ボルツアーノ・クレモナ・ヴェネツイアの町並みの散策とロベレート音楽祭など−

    −スイスから特急列車でミラノに到着したが、事故で1時間遅れ。ミラノで予約していたサンタ・マリア教会のダ・ヴィンチの「最後の晩餐」の修復画見学がギリギリ間に合うというハプニングがあった。その夜からロベレート音楽祭に参加し、モーツァルトとショパンの協奏曲を楽しみ、翌日の夜は、久元先生のコンサート、第三日目の夜は、ターフェル・ムジーク「ドン・ジョヴァンニ」に参加した。その間に、ボルツアーノとクレモナで史跡巡りをしたが、ロヴェレートでM親子とゲーテの滞在ホテルのプレートを発見するという大収穫があった。ヴェネツイアのフェニーチェ劇場で「トロヴァトーレ」を良い席で見て、ヴェルデイの歌唱・合唱・オーケストラの三位一体のオペラを充分に楽しみ、帰路についた−
    (2014/10/04)
  2. 2014/09/19、(2014年フェラインの仲間と行く初めてのルッツエルン音楽祭とロベレート音楽祭)
    2014年フェラインの仲間と行く初めてのルッツエルン音楽祭とロベレート音楽祭(1)スイス旅行編−写真集1−
    −チューリヒ・ルッツエルン・ジュネーブの古都市の町並みの史跡巡りと伝統あるルッツエルン音楽祭など−

    −初めてのスイス訪問で、チューリッヒ・ルッツエルン・ジュネーブの古都市の町並みの史跡巡りなどを楽しみつつ、ルッツエルン音楽祭でゲバント・ハウスのマーラーの第3番やムッターのヴァイオリンのコンサートを楽しんだ。連日の快晴にも恵まれて、ルッツエルンで船と登山電車でリギ山(1750M)で展望しようという望みも達成できたが、期待していたジュネーブのオペラ座での「リゴレット」が、モダンな新演出で、サーカス芝居のような豪華さがない演出で気に入らず、残念であった−
    (2014/09/19)
(2012年の旅行) 

  1. 2012/10/08.(2012年フェラインの仲間と行くロベレート・モーツァルト音楽祭2−ヴェネツイア編−)
    −ヴェローナ、パドヴァに続いてヴェネツイアのいろいろ−モーツアルトの足跡、街巡り、ムラーノ島とプラーノ島、フェニーチェ劇場の「リゴレット」など−写真集2−
    −2回目のヴェローナと初めてのパノヴァに少し寄り道をして、ヴェネツイアではモーツアルトの足跡に続いて、ムラーノ島の手作りのガラス細工、プラーノ島での手作りのレース編みを見学し、初めてのフェニーチェ劇場でオペラ「リゴレット」を見て、今回のイタリア音楽旅行の総仕上げをしました−
    (2012/10/08)

  2. 2012/10/06.(2012年フェラインの仲間と行くロベレート・モーツァルト音楽祭−ロベレート編−)
    −ロベレートの町並み・歓迎式典・音楽祭の風景・近郊の史跡巡りなど−写真集1−
    −6年振りで訪れたロベレート音楽祭であったが、ザルツブルグのモーツアルテウムの応援もあり、ボラーニ協会長も相変わらず健在で、明るく賑やかな音楽祭が続けられていた。連日、快晴に恵まれ、訪問したロベレートや近郊の建物なども美しく保存されていた−(2012/10/06)

  3. 2012/05/04.(ベルリン・ライプチヒ旅行の写真集、その2)
    12-5-1、ベルリン写真集−2、ベルリンの三日間の駆け足の名所巡り、
    −ポツダム広場/ウンター・デン・リンデン/ブランデンブルグ門/グルーネヴァルト駅17番線/シャルロッテンブルク宮殿/ポツダム市内/サンスーシ宮殿などのご報告−

  4. 2012/04/22.(ベルリン・ライプチヒ旅行11日間の写真集、その1)
    ベルリン・ライプチヒ旅行の写真集−1、ベルリンの最初の二日間の博物館巡り、
    −ベルリンの壁、森鴎外博物館、ボーデ博物館、ノイエ新博物館、ペルガモン博物館、ベルリン大聖堂、レストラン・ツア・レツテン・インスタンツ−、チェックポイント・チャーリーハウス、ユダヤ博物館、など−
     
    −桜や水仙・チューリップ・レンギョウなど春の花が咲いているのに、もの凄く寒いベルリン。元気よく博物館3日券をフル活用し、足で駆け巡った博物館巡りでした−
    (2012/04/22)

  5. 2012/04/16.(ベルリン・ライプチヒ旅行11日間のご報告)
    12-4-1、4月のベルリン・ライプチヒ旅行で見た三つのオペラと二つのマタイ受難曲、  
    −映像でしか見ることのなかった有名なオペラ劇場に初めて訪問し、「ホフマン物語」は初めてライブで見たオペラ、「魔笛」は初めての軍団対決の演出、「セヴィリアの理髪師」は昆虫の世界に擬人化した演出に度肝を抜かれた初めてずくしのオペラ観劇でした。聖トーマス教会のマタイは厳粛そのものの伝統的響きに沈黙でした−
    (2012/04/16)

(2011年の旅行) 

2011年は、大地震・大津波・放射能汚染の心配と、自身の大手術後の安静のため、海外旅行を中止致しました。

(2010年の旅行) 

  1. 10.09.22 (2010年加藤浩子先生と行く「続バッハへの旅」総括編)
    −ハンブルグ・リューネブルクのの教会巡りとケーテン・バッハ音楽祭の完全参加−
    −前回の「バッハへの旅」で残された北ドイツのリューネブルク他のバッハの足跡を巡り、関係する教会のオルガン・コンサートを楽しむとともに、2年に一度のケーテン・バッハ音楽祭に参加して、ヘレヴェツヘのロ短調ミサ曲、ガーデイナーの管弦楽組曲、ムローヴァの無伴奏ソナタやヴァイオリン協奏曲、ベルリン古楽アカデミーのフーガの技法など、最先端のピリオド演奏によるバッハの真髄の一端に触れ、聴覚を新鮮なものにしてきました−(10/09/22)

  2. 10.09.20 (加藤浩子先生と行く「続バッハへの旅−写真集−4)
    −写真集−4、ケーテン・バッハ音楽祭・コンサート編、
    −このケーテンでのバッハ音楽祭は、ヨーロッパ中から集まってくるピリオド演奏家たちによる最先端のバッハ演奏ばかりであった。少人数のアンサンブルの良いオーケストラ、ソリストを兼ねる少数の合唱団による透明感溢れる合唱、珍しかったアルトのカウンター・テナーなどが当たり前になっており、最新の響きの良い演奏に耳を洗われる思いがした−(10/09/20)

  3. 10.09.17 (加藤浩子先生と行く「続バッハへの旅−写真集−3)
    −写真集−3、ナウムブルグの教会巡りやバッハ観光、およびライプチヒのバッハ関連名所の駆け巡り、
    −ツアー予定外のナウムブルグまで足を伸ばしてバッハの足跡を追い、またライプチヒにおいても、昨年駆け足で廻った市内の名所を再確認するとともに、聖ペテロ寺院や楽器博物館など初めての名所を訪問し、バッハの足跡を偲ぶことが出来た−(10/09/17)

  4. 10.09.15 (加藤浩子先生と行く「続バッハへの旅−写真集−2)
    −写真集−2、リューネブルグとツエレの教会巡りとバッハ観光、
    −−リューネブルクは15歳のバッハが、合唱団員として勉強しながら歌っていた地であり、訪れてみて今は静かな観光地であるが、当時は現在以上に豊かな土地であり、ここを支配したツエレ大公は大の文化好きで、フランス風の趣向の水準も高く、この家系からイギリスのジョ−ジ一・ニ世が出たり、曾孫がフリードリヒ大王であるなど栄光に満ちた家系であることを初めて知った−(10/09/15)

  5. 10.09.12 (加藤浩子先生と行く「続バッハへの旅−写真集−1)
    −写真集−1、ハンブルグとリューベックとの教会巡りとバッハ観光、
    −ハンブルグでは聖ミヒャエリス教会のパイプオルガン・コンサートに感激し、聖ヤコブ教会でのオルガンの厚い響きに圧倒され、聖ニコライ教会廃墟での遺跡保存の重要性を痛感しながら、バッハの巡った足跡に思いを深めてきた−(10/09/12)

  6. 10.02.16.久し振りのザルツブルグの「モーツアルト週間」に参加して、−2010郵船旅行・ザルツブルグ写真集−
    −祝祭大劇場でウイーンフイルの「レクイエムを堪能し、モーツアルテウム・大ホールでミンコフスキーの10人のソリスト集団による新鮮な「ハ短調ミサ曲」に痺れ、音楽祭フィナーレでは、アーノンクールとウイーン・コンツエントウス・ムジクスによる「イドメネオ」のバレエ音楽とアリア、および「ポストホルン」セレナーデを心ゆくまで楽しんだ−(10/02/16)

  7. 10.02.14.雪の中のウイーン観光と二つのオペラ、「魔笛」と「ドン・ジョバンニ」−2010郵船旅行・ウイーン写真集−
    −雪景色のウイーン市内観光とシュテファン寺院、フォルクス・オーパーの分かり易い「魔笛」、雪の中のシェーンブルン宮殿、シュターツ・オーパーの伝統的な「ドン・ジョバンニ」、リンツでの散策とランチタイム−(10/02/14)

  8. 10.02.12.厳寒のプラハ城とエステート劇場でのオペラ「コシ」−2010郵船旅行・プラハ写真集−
    −厳寒の広いプラハ城を訪問し、巨大なゴシック様式の聖ヴィート大聖堂を見学し、カレル橋を渡ってモーツアルトが弾いたオルガンのある聖ミクラーシュ教会を見て、昼食後に由緒あるエステート劇場の「場内見学ツアー」で勉強し、夜にはこの劇場でオペラ「コシ・ファン・トッテ」を見てきました−(10/02/12)

  9. 10.02.10.厳冬のプラハ・ウイーン・ザルツブルグの「モーツアルト紀行」を終えて−2010郵船ツアー・速報−
    −4つのオペラと「モーツアルト週間」の3つのコンサートはとても充実感がありました−(10/02/10)

(2009年の旅行) 

  1. 09.07.12.( 0906加藤浩子先生と行く「バッハへの旅」概要集−総括編−
    −10指に余る教会のパイプ・オルガンの試聴はまさに初体験、アイゼナハ・ヴァイマールなどバッハのゆかりの地を巡るバッハ紀行をし、古都ドレスデンではゼンパー・オーの「フィガロの結婚」を楽しみ、ライプチヒの伝統あるバッハ音楽祭に4日間参加し、バッハの眠る聖トーマス教会でビラーのマタイ受難曲と、ヘンゲルブロックのロ短調ミサ曲を聴いてきました(09/07/12)

  2. 09.07.12.( 0906加藤浩子先生と行く「バッハへの旅」−写真集4−
    古都ライプチヒの聖トーマス教会詣でとバッハフェストへの参加−
    −バッハの眠る聖トーマス教会でマタイ受難曲とロ短調ミサ曲とを聴きました−(09/07/12)

  3. 09.07.12.( 0906加藤浩子先生と行く「バッハへの旅」−写真集3−
    ゼンパー歌劇場の初体験と古都ドレスデンの旧市街地巡り−
    −ゼンパー・オーパーの「フィガロの結婚」とアルテ・マイスター美術館−(09/07/12)

  4. 09.07.08.( 0906加藤浩子先生と行く「バッハへの旅」−写真集2−
    バッハのゆかりのある地を訪ねて−
    −アイゼナハ・ヴァイマール・ケーテンなどの音楽紀行−(09/07/08)

  5. 09.07.08.( 0906加藤浩子先生と行く「バッハへの旅」−写真集1−
    バッハにゆかりのある教会のオルガンとそのパイプオルガン・コンサート−
    −およそ10教会を訪れ、いろいろなパイプオルガンの響きを確かめて来ました−(09/07/08)


  6. 09.04.06.( 09年海老澤先生の日通トラベルの音楽紀行−3、フランス・パリ編・写真集−
    09年海老澤先生と行くモーツアルト音楽紀行−3、フランス・パリ編・写真集−
    −モーツアルトの足跡・ヴェルサイユ宮殿・オペラ座の「イドメネオ」・花のパリの「リド」−(09/04/06)

  7. 09.04.04.( 09年海老澤先生の日通トラベルの音楽紀行−2、オランダ・ベルギー編・写真集−
    09年海老澤先生と行くモーツアルト音楽紀行−2、オランダ・ベルギー編・写真集−
    −アムステルダム・ハールレム・ハーグ・オペラ「コシ」・アントワープ・ブリュッセル−(09/04/04)

  8. 09.04.02.( 09年海老澤先生の日通トラベルの音楽紀行−1、ウイーン編写真集−
    09年海老澤先生と行くモーツアルト音楽紀行−1、ウイーン編写真集−
    −聖マルクス墓地と中央墓地・楽友協会のビーバー先生・シェーンブルン宮殿・モーツアルトハウス・シュターツOPの「ラ・ボエーム」・アウガルテン広場・三つ星の家「コシ・三大交響曲の家」・ミハエル教会などを訪ねてきました−(09/04/02)

  9. 09.03.16.( 09年海老澤先生の日通トラベルの音楽紀行−速報−
    09年海老澤先生と行くモーツアルト音楽紀行−(速報)−
    −「ラ・ボエーム(ウイーン)」、「コシ(アムステルダム)」、「イドメネオ(パリ・ガルニエ)」の各地の三つのオペラに新鮮な印象を受け、ウイーン、オランダ/ベルギー、パリでの各地のモーツアルトの足跡に触れることが出来て、感動を深めてきた−(09/03/16)

    (2008年の旅行) 

  10.  08年8月田辺先生と行く「オペレッタ祭り」と「ザルツブルグ音楽祭」への旅(速報)(08/08/30)

  11.  08年田辺先生の郵船トラベルのオペラツアー写真集(1、バーデン編)
    1、温泉保養地バーデンとウイーンの森 −菩提樹作曲の地とハイリゲンクロイツ修道院−(写真集)(08/09/16)

  12.  08年田辺先生の郵船トラベルのオペラツアー写真集(2、ザルツカンマーグート編)
    2、ザンクト・ヴォルフガング、バード・イシュル、シャーフベルク鉄道、ザンクト・ギルゲンを巡って−(写真集)(08/09/22)

  13.  08年田辺先生の郵船トラベルのオペラツアー写真集(3、ザルツブルグと音楽祭編)
    3、ザルツブルグの賑わいと音楽祭
    −ドイツ領の保養地ベルヒスガーデンとヒットラーの鷹ノ巣− (写真集)(08/10/03)

    (2006年の旅行) 
  14.  06年10月モーツアルト旅行記−生誕250年の賑わいの地を訪ねて−(06/10/03)NEW!NEW!NEW!NEW!

  15.  06年01月ウイーン・ザルツブルグ写真集−厳寒のオーストリアの市内巡りを写真集にしました−(06/04/17)NEW!NEW!NEW!NEW!
  16. 06年ザルツブルグ・モーツアルト週間(生誕250周年記念)の概要、−モーツアルトイヤーに相応しいコンサートが揃っていました。−(06/03/21)NEW!NEW!NEW!NEW!
  17. 厳寒の06年プラーハにおけるモーツアルトイヤーの賑わい、−一人旅のプラーハは、災難に遭って、大変なイメージダウンでした−(06/03/14)NEW!NEW!NEW!NEW!
  18. モーツアルト生誕250周年を祝した記念コンサートなどの音楽ツアーの速報、−厳寒のウイーンのオペラ、ザルツブルグの祝祭コンサート、プラハのコンサート−(06/02/13)NEW!NEW!NEW!NEW!

    (2005年の旅行) 
  19. 05年夏のザルツブルグ旅行の写真集(その3)−ザルツブルグ市内、ヘルブルン宮殿、ヘレンキームゼー湖、ザルツカンマーグート、バーデン、ハイドンとアイゼンシュタッドなどの写真集−(05/09/26)NEW!NEW!NEW!NEW!
  20. 05年ザルツブルグ音楽祭のオペラ報告(その2)−田辺秀樹先生と行く「モーツアルトとオペレッタの旅、10日間」より−(05/09/13)NEW!NEW!NEW!NEW!
  21. 05年田辺秀樹先生と行く「モーツアルトとオペレッタの旅、10日間」(速報)(その1)(05/09/04)NEW!NEW!NEW!NEW!
  22. 05年ザルツブルグ・モーツアルト週間のコンサート報告(05/03/18)NEW!NEW!NEW!NEW!
  23. 0501ミュンヘン・ザルツブルグ・ウイーン訪問写真集(05/03/02)NEW!NEW!NEW!NEW!
  24. リピーターとして定着した05年ザルツ・ウイーン旅行(速報)(05/02/13)NEW!NEW!NEW!NEW!

      (2004年の旅行)
  25. 04年フォルガリア、ヴィチェンツア、ベルガモへの訪問(イタリア諸都市の写真集)(04/12/13)NEW!NEW!NEW!NEW!
  26. 04年地中海のマヨルカ島への旅(スペインの写真集)(04/12/13)NEW!NEW!
  27. 04年シュヴェツインゲン音楽祭を中心としたドイツ訪問(写真集)(04/12/05)NEW!NEW!
  28. 04年9月シュヴェツインゲンとロヴェレート音楽祭のコンサート報告(04/11/03)NEW!
  29. 04年9月シュヴェツインゲンとロヴェレート音楽祭への旅行(速報)(04/10/14)NEW!
  30. 2004年2月オーストリアのオペラ劇場報告(5日連続のオペラ鑑賞記)(04/04/08)NEW!
  31. 2004年良く晴れたウイーン郊外巡り(写真集)(04/03/10)NEW!
  32. 2004年ザルツブルグ市内や周辺の散策(写真集)(04/03/06)NEW!
  33. 2004年ウイーン市内のモーツアルトの足跡巡り(04/03/03)NEW!
  34. 2004年モーツアルト週間のコンサート報告(04/03/02)NEW!
  35. 非常に充実した04年ザルツ・ウイーン旅行(速報)(04/02/13)NEW! 

    (2003年の旅行)
  36. 新興国スロヴェニアとクロアチアを訪ねて(04/01/02)
  37. 初めてのヴェネツイアとトリエステ(03/12/24)
  38. 2003年秋の旅行中に生じたさまざまな出来事(03/12/07)
  39. 「モーツアルトの足跡を訪ねて」
    −ヴェローナ、マントヴァ、クレモナなど−(03/12/05)
  40. オーストリアの州都グラーツを訪ねて(03/11/25)
  41. 2003年ロヴェレート国際モーツアルト音楽祭の概要(03/11/12)
  42. ウイーンのモーツアルト行脚(03/04/07)
  43. 2003年モーツアルト週間各コンサート報告(その2)(03/03/13)
  44. 2003年モーツアルト週間各コンサート報告(その1)(03/03/03)
  45. 2003年モーツアルト週間に参加して(総括報告)(03/02/22)

    (2002年の旅行)
  46. 東イタリアの地方文化都市めぐり(02/12/14)
  47. 私の初めてのローマ散策(02/11/27) 
  48. ロヴェレート国際モーツアルト音楽祭2002の概要報告(02/11/12)  
  49. 私のザルツブルグ2日間−写真集−(02/10/18) 

    (2001年の旅行)
  50. 快晴に恵まれたイタリア旅行ー写真集ー(01/12/12) 
  51. イタリアの時代(01/11/08) 
  52. 祝祭・国際モーツアルトin北海道2001(01/09/11) 
  53. ブータン王国を旅して(01/04/14) 
  54. 楽しかった北欧の音楽祭(01/02/28) 
  55. インスブルックとロベレート(01/01/02)

目次2にもどる
目次1にもどる
私の新ホームページへ