目次1にもどる
私の新ホームページへ

ホームページ目次/その2−私の最新入手音楽ソフト紹介−

アーカイブ1「2001年3月から2002年12月までを収録」


  1. 2002年12月分 (クラシカジャパンの12月モーツアルト特集!!ほか最近のできごと)(02/12/08) NEW!NEW!NEW!
    (サバリッシュ指揮NHK交響楽団の交響曲第30番ニ長調「パリ」、N響C定期公演、NHKホール、/ズービン・メータ指揮ミュンヘンフイルの交響曲第40番ト短調、/デユトア指揮、NHK交響楽団、ピアノ協奏曲第23番イ長調、ピアノ、ステイーブン・ハフ、N響12月B定期演奏会、サントリーホール) 
    2-12-0、まえがき(クラシカジャパンの12月モーツアルト特集!!ほか最近のできごと)
    2-12-1、サバリッシュ指揮NHK交響楽団の交響曲第30番ニ長調「パリ」、N響C定期公演、NHKホール、(02/12/17) 2-12-2、ズービン・メータ指揮ミュンヘンフイルの交響曲第40番ト短調、(02/12/25) NEW!NEW!NEW!
      2-12-3、デユトア指揮、NHK交響楽団、ピアノ協奏曲第23番イ長調、ピアノ、ステイーブン・ハフ、(02/12/31)N響12月B定期演奏会、サントリーホール、

  2. 2002年11月分 (楽しかったイタリア旅行!!ほか最近のできごと)(02/11/03)
    (アルブレヒト・読響のガラコン第五回(最終回)、モテット「踊れ喜べ」K.165;交響曲第40番ト短調K.550、アルブレヒト・プラハ室内楽団、/交響曲第35番ニ長調「ハフナー」K.385、スクロヴァチェフスキ指揮NHK交響楽団、/「ポントの王ミトリダーテ」ヴィック演出、ダニエル指揮コヴェントガーデン王立歌劇場O&CHO1991)
    2-11-0、まえがき(楽しかったイタリア旅行!ほか最近のできごと)
    2-11-1、アルブレヒト・読響のガラコン第五回(最終回);モテット「踊れ喜べ」K.165、ソプラノ、高橋薫子、アルブレヒト・読響/交響曲第40番ト短調K.550、アルブレヒト・プラハ室内楽団、(02/11/12)
    2-11-2、交響曲第35番ニ長調「ハフナー」K.385、スクロヴァチェフスキ指揮NHK交響楽団、02年4月、サントリーホール、(02/11/20)NEW!NEW!
    2-11-3、「ポントの王ミトリダーテ」ヴィック演出、ダニエル指揮コヴェントガーデン王立歌劇場O&CHO、1991年、(02/11/27)

  3. 2002年10月分 (旅行の写真はデジカメで!ほか最近のできごと)(02/09/21)
    (アルブレヒト・読響のガラコン第四回K.16、K.196、K.452/モーツアルト・アンサンブルのフルート四重奏曲K.285およびヴェント編曲の「後宮」と「ドンジョバンニ」/ラファエル・オレグのヴァイオリンソナタK.303およびK.526)
    2-10-0、まえがき(旅行の写真はデジカメで!ほか最近のできごと)
    2-10-1、アルブレヒト・読響のモーツアルト・ガラコンサート第四回、シンフォニー第一番K.16、シンフォニーニ長調K.196、ピアノ五重奏曲K.452、(02/10/14)ピアノ;横山幸雄、2002年3月、サントリーホール、(BS141CH、ハイビジョン放映)
    2-10-2、ウイーン・フォルクスOPのウイーンアンサンブル(フルート四重奏)(02/10/16)のヴェント編曲の「後宮」と「ドンジョバンニ」および フルート四重奏曲K.285(NHKBS103CH、ハイビジョン放映)
    2-10-3、ラファエル・オレグのヴァイオリンリサイタル、ヴァイオリンソナタK.303およびK.526(02/11/05) 1984年および1993年(CS736CH)NEW!

  4. 2002年9月分 (デジタルハイビジョンでも5.1CHが始まった!ほか最近のできごと)(02/09/05)
    (アルブレヒト・読響のガラコン第二回K.136、K.42、K.312/ピノックと水戸室内楽団の交響曲第25番ト短調K.183と41番ハ長調K.551ジュピター/アルブレヒト・読響のガラコン第三回、シンフォニー第17番ト長調K.129と横山幸雄のピアノ協奏曲ニ短調K.466)

    2-9-0、まえがき(デジタルハイビジョンでも5.1CHが始まった!ほか最近のできごと)
    2-9-1、アルブレヒト・読響のモーツアルト・ガラコンサート第二回、デイヴェルテイメントニ長調K.136、シンフォニー第7番ニ長調K.45、プラハ室内楽団のフルート協奏曲ニ長調K.312、フルートソロ;ロアン・ノポトニー、(02/09/10)
    2-9-2、ピノックと水戸室内楽団の交響曲第25番ト短調K.183(173dB)と41番ハ長調K.551ジュピター、2001年11月、水戸美術館ホール (02/09/18)
    2-9-3、アルブレヒト・読響のモーツアルト・ガラコンサート第三回、プラハ室内楽団のシンフォニー第17番ト長調K.129、及び横山幸雄と読響のピアノ協奏曲ニ短調K.466、2002年3月、サントリーホール( 02/09/14)

  5. 2002年8月分 (新版の映画アマデウスほか最近のできごと)(02/08/08)
    (アルブレヒト・読響のモーツアルト・ガラコン第一回、ウイーン六重奏団のホルン五重奏曲K.407(386c)、チッコリーニのモ−ツアルト・ソナタK.457&K.331の2曲、)

    2-8-0、まえがき(新版の映画アマデウスほか最近のできごと)
    2-8-1、アルブレヒト・読響のモーツアルト・ガラコンサート第一回、シンフォニーニ長調K.95(73n)&K.97(73m)、「ドンジョバンニ」より序曲と2曲のアリア、青戸 和、高橋薫子、「魔笛」より序曲と2曲のアリア、管英三子、長谷川順、読売日本交響楽団、(02/08/18)
    2-8-2、ウイーン六重奏団のホルン五重奏曲、K.407(386c)、2001年2月モーツアルト週間、演奏者、Hn;ヴラツコヴィチ、Vn;ホーバルト、Va;ヒューリンガー、Vc;スザンヌ・エーン、(02/08/26)
    2-8-3、チッコリーニのピアノリサイタル、ピアノソナタハ短調K.457及びイ長調K.331の2曲、1985年パリにて、(02/08/31)

  6. 2002年7月分 (ブロードバンドの実現など最近のことがら)(02/07/05)
    (バルトリとターフェルのジョイント・リサイタル、ブリュッヘンの二つのヴァイオリンのためのコンチェルトーネ、カラヤン・ウイーンフイルのレクイエム)

    2-7-0、はじめに(ブロードバンドの実現など最近のことがら)(02/07/05)
    2-7-1、バルトリとターフェルのジョイント・リサイタル、チョン・ミョンフン指揮ロンドンフイル、(02/07/15)1999年4月、グラインドボーン・オペラ劇場
    2-7-2、二つのヴァイオリンのためのコンチェルトーネ、K.190、ブリュッヘン指揮、ザルツブルグ・モーツアルテウム管弦楽団、(02/07/17)2001年2月、モーツアルテウム大ホール
    2-7-3、カラヤンとウイーンフイルの「レクイエム」(02/07/27)1986年6月、ウイーン楽友協会ホール

  7. 2002年6月分 (新しいURLに移行して)(02/06/04)
    (ブリュッヒェンのシンフォニー25番ト短調他、ルードヴィヒのマスタークラス・モーツアルト編、アルテイス四重奏団の「ドンジョバンニ」アリア四重奏編曲) 

    2-6-0、はじめに(新しいURLに移行して)
    2-6-1、ブリュッヒェンのシンフォニー25番他とハルテリウス(S)の初期のオペラ・アリア2曲、(02/06/22)ザルツブルグ・モーツアルテウム管弦楽団、2001年ザルツブルグ・モーツアルト週間、モーツアルテウム大ホール、CS736CH、 
    2-6-2、クリスタ・ルードヴィヒのマスタークラス・モーツアルト編、1998年ウイーン・フォルクス劇場、CS736CH,
    2-6-3、「ドンジョバンニ」より弦楽四重奏に編曲されたアリアたち、アルテイス四重奏団、(02/06/27)2001年ザルツブルグ・モーツアルト週間、モーツアルテウム大ホール、CS736CH、

  8. 2002年5月分 (ホームページ2周年を向かえて)(02/05/11)
    (ヤーコプスの「コシファントッテ」、内田光子のピアノソナタ17番K.576、95年グラインドボーンの「ドンジョバンニ」)

    2-5-1、ヤーコプスの歌劇「コシファントッテ」2000年エクサンプロバンス音楽祭、(02/05/27)チェン・シー・ツエン演出、コンチェルト・ケルン、CS736CH、 
    2-5-2、内田光子のピアノソナタ17番ニ長調K.576とアダージョロ短調K.540 の解説と演奏、(02/05/17)製作1989年、CS736CH、
    2-5-3、1995年のグラインドボーン歌劇場の「ドンジョバンニ」デボラ・ヴァルナー演出、(02/06/03)クライツベルグ指揮、エイジオブ・インライトメント管弦楽団、グラインドボーン歌劇場合唱団、CS736CH、

  9. 2002年4月分 (最近の出来事など)(02/04/06)
    ( コンサートアリアによる愛の物語、ヘルマン演出ラングレ指揮オーケストル・ドウ・ピカルデイ;シュヴァルツコップとムーアのリート・リサイタル;ノリントンのシンフォニ−ハ長調K.213c(K.102)およびヴァイオリン協奏曲4番K.218他、(V)テツラフ) 

    2-4-1、コンサートアリアによる愛の物語、ヘルマン演出ラングレ指揮オーケストル・ドウ・ピカルデイ、(02/04/20)制作;国際モーツアルト財団、2000年、(CS736CH、S-VHSテープでデジタル録画)
    2-4-2、シュヴァルツコップとジェラルド・ムーアのリート・リサイタル、(02/04/15)1968年9月26日BBCテレビセンター (BS102CH、S-VHSテープでデジタル録画)
    2-4-3、ノリントンとカメラータ・ザルツブルグのシンフォニ−ハ長調K.213c(K.102)、ヴァイオリン協奏曲4番K.218、ロンドK.373、(02/04/27)アダージョK.261、(V)クリスチアン・テツラフ、2001年モーツアルト週間、モーツアルテウム・大ホール(CS736CH、S-VHSテープでデジタル録画)

  10. 2002年3月分 (ソフト紹介を始めて1年に)(02/03/09)
    (スダーンのシンフォニー28番K.200、ヴァイオリン協奏曲3番K.216、パドウラ・スコダのピアノ協奏曲18番K.456及びK.360、ウイーン6重奏団の弦楽5重奏曲4番及び1番)

    2-3-1、ユベール・スダーンのシンフォニー28番K.200、ヴァイオリン協奏曲3番K.216、ハイドン交響曲104番ロンドン、(02/03/18)ザルツブルグ・モーツアルテウムO、イザベル・ファウスト(Vn)CS736CH
    2-3-2、パドウラ・スコダのピアノ協奏曲18番K.456 、ブリュッヘン指揮スイス・イタリア語放送管(1994年1月8日ルガーノ)、およびパドウラ・スコダとオイストラフの「ああ、私は恋人を亡くした」による6つの変奏曲K.360(02/03/24)(1972年カリンテイッシェンの夏)CS736CH、
    2-3-3、ウイーン6重奏団の弦楽5重奏曲4番ト短調K.516および1番変ロ長調K.174(02/03/28)エーリッヒ・ホーバルト(Vn)ペーテル・マッカ(Vn)ジークリート・ヒューリンガー(Va)トーマス・リーブル(Va)スザンヌ・エーン(Vc)、CS736CH、

     
  11. 2002年2月分 (オーデイオ環境の改善について)(02/02/06) 
    (内田光子のピアノ協奏曲13番と20番/ウイーン・ベルリンアンサンブルのデイヴェルテイメントとホルン五重奏曲/ガッザニーガの「ドン・ジョバンニ・テノーリオ」)

    2-2-1、内田光子のピアノ協奏曲13番と20番(02/02/14)カメラータ・アカデミカ・ザルツブルグ、(2001年3月モーツアルト週間、CS736CH)
    2-2-2、ウイーン・ベルリンアンサンブルのデイヴェルテイメント3番K439b3、とホルン五重奏曲 K407、(02/02/26)(97年モーツアルト週間、 CS736CH)
    2-2-3、ガッザニーガの歌劇「ドン・ジョバンニ・テノーリオ」台本ベルターテイ、メイソン演出、(02/02/19)シモン・ジョリ指揮、アイルランド・ラジオ・テレビ響、(1988年ウエックスフォード・フェステイバル、CS736CH)

  12. 2002年1月分 (平成14年の年頭に当たって)(02/01/11) 
    (リリングのハ短調ミサ曲(エーデル版)/ショルテイの「魔笛」、シャーフ演出、ウイーンフイル、91年ザルツブルグ音楽祭、/フォルクスオーパーの「後宮」が出来るまで)

    2-1-1、リリングのハ短調ミサ曲(エーデル版)シュトウットガルト・バッハ・コレギウム、ゲヒンガー聖歌隊、S;ヴェレビック、S;アンドレア・ロスト、T;ハイルマン、B;リヒテイ、1988年 シュトウットガルト(CS736CH)、
    2-1-2、ショルテイの「魔笛」、ヨハネス・シャーフ演出、ウイーンフイル、91年ザルツブルグ音楽祭(ハイビジョン放映)(02/01/19)(配役;タミーナ;ジーサク、タミーノ;デア・ヴァルト、パパゲーノ;シュリンガー、パパゲーナ;リーンバッヒヤー、夜の女王;セラ、ザラストロ;パーペ)(NHK103CH)
    2-1-3、すばらしき歌劇場−ウイーン・フォルクスオーパーのすべて−”「後宮」が出来るまで”(02/01/27)(ハイビジョンドキュメント)、NHKエンタプライズ21、(NHK103CH)

  13. 2001年12月分 (平成13年を回顧して)(01/12/26) 
    (アシュケナージの指揮とピアノ、ピアノ協奏曲第17番&21番/モーツアルトと彼の同時代人、ホグウッド指揮交響曲第20番ニ長調K133他/ハイテインクの歌劇「イドメネオ」、グラインドボーン音楽祭)

    1-12-1、アシュケナージの指揮とピアノ、ピアノ協奏曲第17番K453、21番K467、フイルハーモニア管弦楽団、
    1-12-2、モーツアルトと彼の同時代人、デイヴェルテイメント第8番K213、ヴァンハル作曲交響曲ニ長調第2楽章、交響曲第20番ニ長調K133他(01/12/31)クリストファー・ホグウッド指揮アカデミー・オブ・エンシャントM. 
    1-12-3、ハイテインクの歌劇「イドメネオ」K366、トレヴァー・ナン演出(01/12/31) 1983年グラインドボーン音楽祭収録、ロンドンPO、 

  14. 2001年11月分 (クラシカ・モーツアルト週間について)(01/12/18) 
    (映画「本当のジャックリーヌ・デユ・プレ」/チェリビダッケとミケランジェリのラヴェルのピアノ協奏曲/コンロン指揮ハンペ演出の「ドンジョバンニ」)

    1-11-1、映画「本当のジャックリーヌ・デユ・プレ」、オックスフォード・フィルムCO.、1988、イギリス
    1-11-2、チェリビダッケとミケランジェリのラヴェルのピアノ協奏曲、ロンドン交響楽団、1982、
    1-11-3、コンロン指揮、ハンペ演出の「ドンジョバンニ」、ケルン・ギュルツエニヒ管弦楽団、1991、

  15. 2001年10月分 (編集方針の変更について)(01/11/11) 
    (ヴェローナ音楽祭1999のアイーダ/メルビッシュ音楽祭2001の微笑みの国/カラヤン・ワイセンベルクのラフマニノフのピアノ協奏曲第2番)

    1-10-1、ヴェローナ音楽祭1999年の「アイーダ」、オレーン指揮ヴェローナ音楽祭管弦楽団、ピッツイ演出、ハイビジョン
    1-10-2、メルヴィッシュ音楽祭2001のレハール「微笑みの国」、ルドルフ・ビーブル指揮、メルヴィッシュ音楽祭管弦楽団、2001年7月
    1-10-3、カラヤン・ワイセンベルクのラフマニノフのピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18、ベルリンPO、1973年、

  16. 2001年9月分 (私流エア・チェックのこつ) 
    (ムーテイの「トスカ」、カサロバの「セビリアの理髪師」、ムーテイの「イル・トロバトーレ」、映画「レッド・ヴァイオリン」、リヒターのブランデンブルグ協奏曲全曲) 

    1-9-1、ムーテイの「トスカ」、ロンコーニ演出、ミラノスカラ座、2000年3月、グレギーナ、リチートラ、BS102CH
    1-9-2、カサロバのロッシーニ「セビリアの理髪師」、サンテイ指揮、アサガロフ演出、チューリッヒ歌劇場、2001年4月、BS102CH
    1-9-3、ムーテイの「トロバトーレ」デ・アナ演出、ミラノスカラ座、2000年12月、フリットーリ、リチートラ、ヌッチ、BS102CH
    1-9-4、映画「レッド・ヴァイオリン」1998年、カナダ・イタリア合作映画、監督ジラール、音楽コリリアーノ、CS736CH
    1-9-5、バッハ、ブランデンブルグ協奏曲全曲、カール・リヒター指揮、ミュンヘンバッハ管弦楽団、1970年、CS736CH

  17. 2001年8月分 (半年分の掲載曲全体を総括して) 
    (アーノンクールの「ドンジョバンニ」/ピアノ協奏曲第27番K.595(P)オッペンズ/ゲンネンヴァインの「後宮」/バレエ「真夏の夜の夢」/デンオンJ−クラシックコン加羽沢美濃他)

    1-8-1、アーノンクールの「ドンジョバンニ」、フリム演出、チューリヒ歌劇場、2001/03年、BS102CH、バルトリ、サルミネン
    1-8-2、ピアノ協奏曲第27番K.595、ピアノ;ウルスラ・オッペンズ、D.R.デイヴィス指揮カメラータ・アカデミカ・ザルツブルグ
    1-8-3、ゲンネンヴァイン指揮「後宮」K384、1992年、ルードヴィッヒ城音楽祭、オルゴナソーヴァ、ヴァルト
    1-8-4、メンデルスゾーン、バレエ「真夏の夜の夢」カーショウ指揮BBC室内管弦楽団
    1-8-5、第5回デンオンJ−クラシックコンサート、加羽沢美濃、高嶋さち子ほか、東京芸術劇場大ホール、2001年2月収録

  18. 2001年7月分 (七飯町のモーツアルト音楽祭に参加して) 
    (ホグウッド指揮、交響曲39・40・41番/カラヤンとメニューヒン/コチシュ、幻想曲K475他/「ドンジョバンニ−レポレロの復讐−」/「スウインギング・バッハ」ライプチヒ)

    1-7-1、ホグウッド指揮、交響曲39・40・41番エンシェント室内管弦楽団、日本公演サントリーH、NHK教育TV、
    1-7-2、カラヤンとメニューヒン、モーツアルトを語る、ヴァイオリン協奏曲第5番、リハーサルと演奏、ウイーン交響楽団、1966年、CS736CH、
    1-7-3、コチシュピアノリサイタル、幻想曲K475、べートーベンピアノソナタ第32番、シューベルトピアノソナタ第21番、1998年、CS736CH、
    1-7-4、フボロストフスキーの「ドンジョバンニ−レポレロの復讐−」ブラドショー指揮カナデイアン歌劇場、BS102CH、
    1-7-5、「スウインギング・バッハ」ライプチヒ、マーケット広場、2000年、CS736CH、

  19. 2001年6月分 (新しいパソコンへの期待) 
    (アーノンクール・クレーメルのV協奏曲全集/オーマンデイの「薔薇の騎士」組曲/内田光子のP協奏曲第24番/ピリスのPソナタK332他/ベームの交響曲第28、29、34、36番)

    1-6-1、アーノンクール/クレーメル/ウイーンフイルのモーツアルトヴァイオリン協奏曲第1番〜第5番、ヴァイオリンとヴィオラの協奏交響曲K364、84~86年、CS736CH、
    1-6-2、オーマンデイ指揮フィラデルフイア管弦楽団の組曲「薔薇の騎士」及び組曲「火の鳥」、1978年及び1977年、
    1-6-3、内田光子とJ.テイトのシンプリー・モーツアルト第3編、ピアノ協奏曲第24番ハ短調、イギリス室内管弦楽団、1988年、
    1-6-4、ピリス;モーツアルト、ショパン、シューベルトを弾く、グレート・ピアニストシリーズNo6、シャンゼリゼ劇場、1987年、
    1-6-5、カール・ベーム;ウイーンフイルハーモニー管弦楽団、交響曲第28番K200、交響曲第29番K201、交響曲第34番K338、交響曲第36番「リンツ」K425、1987年、

  20. 2001年5月分(私のエアチェックの楽しみ)
    (アーノンクールの「コシ」/レヴィン(fp)の戴冠式/モーツアルテウムの協奏交響曲/ブレンデルのテンペスト/ワルベルクのN響ブラームス)

    1-5-1、アーノンクール「コシファントッテ」、フリム演出、チューリッヒ歌劇場、バルトリ他、
    1-5-2、R.レヴィン(fp)、ピアノ協奏曲第26番ホグウッド指揮、エンシェント室内管弦楽団、
    1-5-3、スダーン指揮、協奏交響曲K296b、モーツアルテウム管弦楽団、2000/2月、
    1-5-4、ブレンデル、オンベートーヴェン、ピアノソナタ第17番テンペスト、
    1-5-5、ワルベルク指揮、NHK交響楽団大学祝典序曲、最後の4つの歌、ブラームス;交響曲第3番

  21. 2001年4月分 (デジタル録画について) 
    (デユトワN響/アーノンクール/パユ(fl)/ホリガー(ob)/小沢征爾・水戸CO)

    1-4-1、N響第1121回定期デユトア指揮NHK交響楽団(2000/11/30)
    1-4-2、アーノンクール指揮、交響曲39番、40番、41番、ヨーロッパ室内オーケストラ
    1-4-3、フルート協奏曲、K.313フルート;パユ(Pahud)、ハイドン・アンサンブル・ベルリン
    1-4-4、オーボエ協奏曲、K.314オーボエ;ホリガー、コボス指揮、ローザンヌ室内楽団
    1-4-5、小澤征爾指揮、水戸室内楽団、ウイーン楽友協会ホール収録、ハイビジョン番組

  22. 2001年3月分 (本コラムを設けるに当たって) 
    (リヒター/プレヴィン/アーノンクール/内田光子/コープマン)

    1-3-1、カール・リヒターのヘンデルのオルガン協奏曲6番および7番、
    1-3-2、プレヴィンとウイーンフイル首席のピアノ四重奏曲第1番および2番、
    1-3-3、アーノンクールの「フィガロの風景、ドキュメンタリ」−解説とレハーサル−、
    1-3-4、内田光子とJ・テイトの「シンプリーモーツアルト、ピアソナタ第15番」
    1-3-5、コープマンのバッハ管弦楽組曲第2番および3番、

    目次2にもどる
    目次1にもどる
    私の新ホームページへ