モーツァルト気狂いの最新入手ソフト情報−−平成28年2月号−−

ムーテイ指揮バンベルグ放送交響楽団による交響曲第41番ハ長調「ジュピター」(1993)およびスクロヴァチェフスキ指揮N響による交響曲第29番イ長調K.201(186a)(1996)、/オピッツのピアノによるピアノ協奏曲第24番ハ短調K.491、マリナー指揮N響、定期第1822回、および大西孝恵のチェンバロとボストンの仲間たちによるチェンバロ協奏曲ニ長調K.107-1、/エッシェンバッハ指揮ウイーンフイル、ベヒトルフ演出によるオペラ・ブッファ「コシ・ファン・トウッテ」、2013年8月、ザルツブルグ音楽祭、

(先月の月報は  「こちら」 )


私の最新入手ソフト情報−平成28年2月号−

(ムーテイ指揮バンベルグ放送交響楽団による交響曲第41番ハ長調「ジュピター」(1993)およびスクロヴァチェフスキ指揮N響による交響曲第29番イ長調K.201(186a)(1996)、/オピッツのピアノによるピアノ協奏曲第24番ハ短調K.491、マリナー指揮N響、定期第1822回、および大西孝恵のチェンバロとボストンの仲間たちによるチェンバロ協奏曲ニ長調K.107-1、/エッシェンバッハ指揮ウイーンフイル、ベヒトルフ演出によるオペラ・ブッファ「コシ・ファン・トウッテ」、2013年8月、ザルツブルグ音楽祭)

16-2-0、平成28年/2016年2月初めの近況報告−不安な年明けの今年はどうなるか−

16-2-1)、アーノンクールの引退について考える−長い間、ご苦労様でした−
16-2-2)、80歳を証明する運転免許証の更新−認知症のテスト?を受けて−
16-2-3)、愛用していたカメラの写りが悪くなった。
16-2-4)、2015年の私のゴルフ結果の総括、
    −二年連続して、四街道の平均値が100を切れなかった−苦難の年だった−
16-2-5)、2016年2月号の放送番組予定、
16-2-6)、2016年2月号のソフト紹介予定、


(古いS-VHSなどより;二つの交響曲、K.551 およびK.201)
16-2-1、ムーテイ指揮バンベルグ放送交響楽団による交響曲第41番ハ長調「ジュピター」(1993)およびスクロヴァチェフスキ指揮NHK交響楽団による交響曲第29番イ長調K.201(186a)(1996)、
N響定期第1886回、1996年2月8日、NHKホール、
(1021212、CS736CHの放送をSD-48.5に収録、および960211、NHKの放送をVT-184.3に収録)


(最新の放送から;二つのピアノ協奏曲、K.491およびK.107-1)
16-2-2、ゲアハルト・オピッツのピアノによるピアノ協奏曲第24番ハ短調K.491、マリナー指揮NHK交響楽団、N響定期第1822回、2015/11/24、サントリH、および大西孝恵のチェンバロとボストンの仲間たちによるチェンバロ協奏曲ニ長調K.107-1、
2006年6月25日、イシハラホール、大阪市、
(2016/01/24、NHKクラ館の放送をHD-5に収録、および1080000、NHKクラシック倶楽部の放送をHD-4に収録)


(最新のDVDのオペラから;2013年ザルツFのエッシェンバッハの「コシ」)
16-2-3、クリストフ・エッシェンバッハ指揮ウイーンフイル、ベヒトルフ演出によるオペラ・ブッファ「コシ・ファン・トウッテ」、
2013年8月、ザルツブルグ音楽祭、
(配役)フィオルデリージ;マリン・ハルテリウス、グリエルモ;ルカ・ピサローニ、ドラベラ;マリー・クラウデ・デチャッピス、フェランド;マーテイン・ミッテルツナー、デスピーナ;マルチーナ・ヤンコヴァー、アルフォンゾ;ジェラルド・フインリー、
(2015/11/10、タワーレコード新宿店でDVDを購入、EuroArts 2072748)



16-2-0、平成28年/2016年2月初めの近況報告−不安な年開けの今年はどうなるか?−

    年が明けて暖冬に慣れ過ぎていた季節が、中旬を過ぎて冬将軍の到来となり、24・5日には、西日本で大雪となり、沖縄や五島列島などで100年ぶりの雪などと報道されている。大相撲初場所も終わりここでも10年ぶりで念願の日本人力士が優勝したり、今年のオリンピックにサッカーのU22日本代表がイラクに初めて競り勝ってアジア代表に選ばれるなど、今年は何か珍しいことが起こる年になりそうな気配がする。

     今年は国会が早くから開催されているが、首相の元気な施政方針演説と代表質疑を聞いている限り、相変わらず野党の一方的な反対のための質問と、首相の形式的な答弁が長々と続いているようであり、テレビで公開されているものの何となく内容がないような気がしている。安倍首相は「経済成長によって分配が可能になり、分配によって持続的な成長が可能になる。こうした成長と分配の好循環を生み出すことが、一億総活躍の社会像だ」と分配という言葉を繰り返して重視していく姿勢を打ち出している。一方の民主党の岡田代表は「経済政策で私と首相の根本的違いは、経済成長の果実をどう分かち合うべきかの考え方だ」と言っている。従って、この分配論がお互いに重要であるならば、もう少し深い考えを示して、大所高所の立場から政策のすり合わせの議論を期待したいのであるが、対立を強めることが政治の現実であり、何も先に進まない誠に情けない現状であると思う。今回、大阪維新の会の初めての首相質問を聞いて、この政党なら現状を憂い、議論が噛み合う健全な野党であるという感触を持ったので今後注目したい。

      今年は石油価格の低落と中国の株安に始まって、サウジとイランの対立激化が表面化して、世界同時株安的な状況下にあり、日本のファンダメンタルズは健全であるが、オイルマネーの動きや外国投資家など外の動きにより、日本では円高傾向になるとともに一連の株安現象が続いているが、その最中に北朝鮮の突然の核実験があったりと不安を呼ぶ材料が軒並みである。これらの解決の見通しは一切ない心配の中で、5月にはサミット、7月には参議院選挙、8月にはオリンピック、11月にはアメリカ大統領選挙などと注目すべきことが目白押しである。ひたすら良い年になるように、神様にお願いしたいと思う。


16-2-1)、アーノンクールの引退について考える−長い間、ご苦労様でした−

      アーノンクールが2015年12月に予定していたコンサートをキャンセルして、引退したことが報じられている。考えて見れば、2014年3月には、アン・デア・ウイーン劇場で、突然にダン・ポンテ三部作が連続して上演されたり、2014年7月には、グラーツのシュテイリアルテ音楽祭2014で、ウイーン・コンツエントウス・ムジクスとの小規模な楽器編成による39番、40番、41番の連続演奏会を行なったりと、モーツァルト関係だけでも新しい映像が続々とリリースされて大忙しであった。2015年の1月のモーツァルト週間での彼のウイーンフイルとのシューベルトの交響曲演奏会が、彼の活躍の見納めとなったが、この時は確かアバドの指揮だったコンサートを彼が引き継いだためか、ドイツ語の話で内容は何も分らなかったが、聴衆を相手に10分ぐらいレクチャーをしてからコンサートになったと記憶しており、相変わらずの口数が多いお元気な姿の印象が残っている。

      12月5日の86歳の誕生日の前日に、病気のため指揮を交代したウィーン公演のプログラムに、聴衆への自筆メッセージを挟み込み、今後の演奏活動から退く意向を明らかにしたという。メッセージには「聴衆のみなさまへ。私の身体の力が及ばないため、今後の計画を断念いたします」「舞台上の私たちと、会場にいらっしゃるみなさまとの間には驚くべき深い関係が生まれました。私たちは幸せな発見共同体となったのです!」とあったそうである(朝日新聞デジタル紙)。

      私がアーノンクールの最初の映像を見たのは、ドキュメンタリーの番組で、「フィガロの風景ドキュメンタリー」(1-3-3)という映像であった。彼の奥さんとご一緒のアルプスのトレッキングのもの、フィガロの序曲のリハーサル、第4幕フィナーレのリハーサルでターフェルがフィガロを、レッシュマンがスザンナを歌っていたと記憶する。元気なときの映像をこの際確認しておこうと思っていたが、残念ながら、後述するように器械の故障でお預けになってしまっていた。

       これだけ活躍してこられた方が休養するのは、関係者にとっては大変であったろうが、年齢が年齢だけに無理をせずに、全てご自分の希望通りに充分に体を休めていただきたいと思う。このHPでは28人の指揮者リストがあるが、このなかでアーノンクールはオペラの数が多いので、結果的に、演奏時間数が最も長い指揮者となるであろう。兎に角、「幸せな発見共同体」の一人として、大変多くの映像を残していただいて感謝するばかりであり、長い間のご苦労に深謝するとともに、少しでも長く安静な日が過ごせるよう心から祈りたいと思う。有り難うございました。
        (以上、2016/01/28記)






(追記) 前述のビデオを改めて見直して、当時はまだアナログカメラで、写真の掲載が容量的に、技術的に大変であったことを思い出し、折角なので、1995年当時のザルツブルグ音楽祭のレハーサル風景の口数が多い彼の元気な姿を数葉掲載することとした。この映像の「フィガロ」の第4幕フィナーレを、歌手たちとともに、これだけ丁寧に指揮者自らが歌手を指導する風景は初めてであり、彼の赦しの部分の映像を、もっと丁寧に見なければ失礼だという思いがして、さすがアーノンクールだと思った。


16-2-2)、80歳を証明する運転免許証の更新−認知症のテスト?を受けて−

        後期高齢者になって数年経つが、このたび2回目の講習予備検査と高齢者講習を受けなければ、免許証の更新をすることが出来ないというご案内が公安委員会から来た。講習予備検査にはわざわざ(認知機能)と書いてあるので、最近、話題になっている認知症試験を受けなければ免許証を与えないよという警察のご親切なご命令のことのようだった。前回講習を受けた記憶はあるが、実技試験を行なったことと、室内のハンドル操作と動画の視力検査を受けたことくらいしか覚えていなかった。しかし、行ってみると厳格な予約制で、3人*2組の6人ペアの講習という手間のかけ方は同じであったので、やはり3年前と同じ講習であろうと思われた。

        最近、認知症に起因しそうな事故が増えているようなので、その話題も前回より遥かに多くなって、病気の方には免許証を辞退してもらう制度が必要であると思っていた。3年前と異なって、認知症の早期発見がなされれば治る病気であることもPRされて来ている。兎に角、この病気は、早期発見がとても重要なようなので、今回はその意味でもこの講習を受ける意義はありそうな気がした。

                   この講習予備検査は、記憶力・判断力に関するテストであり、このテストの結果は、総合点で76点以上、49点以上〜76未満、49点未満の三段階に判別するテストのようであり、ごく普通の人ならば80点以上は取れる筈とされている。テストのポイントは、何と言っても見せられた4枚*4回の16枚のイラストの名前が、正しく記憶されたかどうかを問うものであり、始めにイラストの名前を全て書けと問われ、続いてイラストと同時に見せられた関連あるものが示されてから、イラストの名前を当てるものであった。

       普段から知っている人の名前が直ぐに出てこない悩みを人並み以上に持つ小生にとっては、最初の問いは強烈で、半分ぐらいしか記憶できておらず、頭に中が真っ白になった。関連あるものが示されると、殆ど回答できたが、それでも2割ぐらいは忘れていたと思う。幸いテストの結果は、80点半ばでごく普通の人と判別され、胸をなで下ろしたが、今考えるとこのテストは小学生の方が、後期高齢者よりも遥かに成績が良いと思われた。幸い、6人全員が無事合格であり、講習修了証明書をいただいて無事講習は修了し、小生は2月9日の誕生日前に、無事、80歳の誕生日を証明する運転免許証を取得した。認知症に関する知識が増えた現在では、前回に気づかなかったこの証明書の有難味を、今回はひしひしと感じざるを得なかった。


16-2-3)、愛用していたカメラの写りが悪くなった。

         これまでとても小型で使い勝手が良かったデジカメのキャノンIXY2000ISという愛用カメラが、最近になってピントが甘い感じがして困っていたが、他の人に使ってもらったらそれにブレも加わったせいか、失敗作ばかりとなり問題が生じてきた。購入年月を調べたら2007年12月であり、9年近く故障もなく働いてきた優れものということになる。問題はピントだけで、他のパソコン接続的な面はまったく問題がないので、この機会に分解掃除でもしてもらおうとキャノンに気軽に電話をしたら、この製品は補修期間がとうに過ぎており、部品もなく修理が出来ないということが分った。デジタルの日進月歩の製品は、どんな良い製品でもどうやら勿体ないという概念がないようで、期間が過ぎたら廃棄処分して、新製品に買い換えるしか方法がないようであった。
          そのためカメラについては代替的な製品が山ほどあるので、改めて検討をして買い換えたいと考えているが、不要になったものはどうするとか、最近はうかつに物を捨てることが出来ない時代になっているので、よく考えてから対応しようと思っている。

        これに似た話として、私の財産であるビデオテープが山ほどあるが、その半分近くがD-VHS方式で録画されているのであるが、この器械はビクターのデジタル・ハイビジョンビデオHM-DH30000といい、テープにデジタル信号で録音・録画する本格的な高価な製品であった。しかし、当初からテープからデイスクへのメデイアの変遷時期であったため、過渡的な製品と当初から見なされてきた。性能はその名の通りアナログ録画以上に遥かに優れたデジタル信号なので、新たに録画メデイアとしてDVDが出現する間はとても重宝されていたものであった。現在でもiLink端子でレコーダーなどにデジタル接続すれば、再生や録画は可能であるが、問題はこの種の機器が最近は作られていないので、もし故障したりすると修理が出来なくなり、沢山あるテープの再生が不能になる恐れがあることである。ビデオは走行系がしっかりしている必要があり、取り扱いにはいつも注意する必要がある。
        つい先日も、長い間、テープを入れっぱなしにして忘れており、取り出しが出来なくなって慌てたことがあった。何とか取り出すことが出来たものの、力を入れたのでテープが伸びてしまい、テープを犠牲にしてしまった。出し入れは基本的操作なので、いつも慎重に行なうよう注意する必要がある。しかし、いつも使っているのなら、器械も調子が良いのであろうが、最近は、iLink端子のデジタル接続でテープを聴く回数が減っているので、当方の操作ミスもありうるので、慎重に行なうことを肝に銘じている。


16-2-4)、2015年の私のゴルフ結果の総括、
−二年連続して、四街道の平均値が100を切れなかった−苦難の年だった−

     2003年に週2回の勤務にさせてもらった頃から、これまでの年10回くらいの「お付き合いゴルフ」から「健康のためのゴルフ」に気持ちを切り替えて、兄貴と友人の三人で、四街道GCで月2回ほどのゴルフを始めた。それ以来、スコアなどの記録を付けるようにして、練習場にも通い、スコアアップのために自分なりに努力してきた。四街道で年平均値で100が切れるようになってから、2009年には四街道GCのシニアの万年青会に仲間入りさせていただいたり、2012年には東京湾CCの建設省仲間のTC会に入会したりして間口を広げてきた。2013年には、目標の週一ゴルフには僅か及ばない49回/年となったが、4回/月を達成してきた。2014年には、四街道の万年青会の1月例会で93を記録して優勝し、幸先の良いスタートとなったが、予定していた白内障の手術のため2月、3月にお休みをして以降、どうしてかこの一年間は調子が上がらず、結果的に四街道の平均値が101.74と100を切れなくなり、年齢的な限界を感ずるような状態になった。

      そのため、2015年には、年初から飛距離を伸ばそうとフォームを変えたりして、半年くらい自分なりに努力してみたが、余り成果が上がらないばかりか、かえって方向性が悪くなったりして、前半六ヶ月も、後半六ヶ月もスコアは良くならず、結果的に2014年よりも悪い状態になってしまっていた。
      こうして2015年では、四街道GCで25回および東京湾CCを中心に合計45回のゴルフを行なった。しかし、今年の結果は、スコアの全平均値は106.18であり、昨年の104.35に比べて+1.83と、2年連続して大幅に悪くなった。四街道だけの25回の平均値では、残念ながら103.48と昨年の101.74を1.74も上廻り、100を切ることが減ってきて、一昨年の平均値99.53は、今では夢のような存在になってしまった。

             このような現状から、2016年の今年のゴルフは、2月に年齢が80歳になることから、フォーム変更など無理な努力は止めて、もとに戻って年相応に自然体で楽しいゴルフに徹したいと思う。シニアゴルフを熱心に始めてから13年目になり、お陰さまで健康そのものであり、ぎっくり腰などもなくなっていつも感謝しているが、私はゴルフ以外の他の運動はしないので、この健康維持は週一目標のゴルフのお陰であると思っている。そのため今年は、文字通り「健康のためのゴルフ」そのものとして、スコアに余りとらわれずに、時間の許す限りゴルフを続けていきたいと思う。

     現行のゴルフの定例会が、四街道の万年青会が第二週の木曜日、東京湾も第二週の土曜日であり、一日おいて週2回やるのが億劫であった。しかし、翌日であると大変であるが、一日おくと何とか回復しているようなので、今年は季節が良くなる3月辺りから、第二週だけは週2回を原則とするように考えて行きたいと思う。

     これまでこの「健康のためのゴルフ」を続けることが出来たのは、4歳上の兄貴と親友との3人の月一ゴルフ会がこれまで欠かさずに継続できたお陰であった。ところが仲間の親友が、2015年の12月に脳梗塞で倒れてしまい、84歳の兄貴と2人だけになり、心配している。友人の病気が回復してもクラブを振れるかどうか案じているが、季節が良くなる時期からでも復活することを心から念じている次第である。


16-2-5)、2016年2月号の放送番組予定−モーツァルトの演奏曲のチェック−

         2016年2月におけるNHKの放送において、初めに「教育テレビ」では、毎週日曜日の21:00〜23:00(最終日曜は除く)の「クラシック音楽館」が、N響定期を中心に放送されている。2月の予定では、7日、14日、21日の三回が予定され、指揮者はみなデュトワが指揮する第1823〜25回のN響定期が放送される予定である。今回は残念ながらモーツァルトは見当たらなかったので、7日の演奏会形式の[サロメ]と、21日のサン・サーンスの交響曲第3番などを収録したいと思っている。

     続いてNHKBSプレミアムでは、毎週日曜日24:00〜4:00の予定であり、2月の音楽関係の予定では、14日がオペラ「金閣寺」、28日がロッシーニの「新聞」のようであるが、今回は録画を見送りたい。最後に、毎週月〜金曜日の6:00〜6:55の「クラシック倶楽部」では、モーツァルトの曲が含まれているかどうか、直前に、毎週、面倒でもチェックして収録したいと考えている。

         一方のクラシカ・ジャパンでは、待望のHD放送が続々と登場しているが、最近の特集は昨年5月から始まったクラシック大全の、10大交響曲のモーツァルトの三大交響曲、10大オペラの「フィガロ」、「ドン・ジョヴァンニ」、「魔笛」などでモーツァルト関係が早くも完結してしまったようで残念である。いまや、ブルックナーとか、マーラーとかショスタコーヴィッチとかが延々と放送されている。2月号での特集は、第17回ショパン・コンクールの2位のシャルル・リシャール・アムランの全映像とムーテイのドキュメンタリーなどが目立っていた。その他、モーツァルトの器楽曲などは、全く新譜に恵まれず誠に残念であるが、ラトルとベルリンフイルの「ルツェルン音楽祭2015」の中に、協奏交響曲変ホ長調K.364が、樫本大進とヴィオラのアミハイ・グロスのソロで演奏されていた。

          レコード芸術2月号では、特集は毎年恒例の「読者と本誌執筆陣で選ぶベスト・デイスク・ランキング2015」であった。クルレンツイスがやはり話題を呼んでいるが、「フィガロ」、「コシ」、「レクイエム」以外は、現代曲の録音ばかりであり、映像も同様であり、残念であった。
         1月号の新譜月評の特選盤には、モーツァルトの曲のCDは2組あり、第一はロベルト・マムーの「ピアノソナタ全集」(全5枚組)、および第二はベザイデンホウトのピアノソナタ第6番、第8番と変奏曲2曲のシリーズ第7集が特選になっていた。
        新譜紹介では、ビデオデイスク欄で佐渡裕指揮でグラフェネック国際音楽祭/真夏の夜のガラ・コンサート、およびベルトの「アダムの受難」のDVDがリリースされている。海外盤レヴューでは、珍しくモーツァルト関係のCDはなく、寂しい限りであった。







          毎月1回は、レコード店をソフト探しでうろつくことにしているが、1月9日に新宿のタワーレコードで、コヴェント・ガーデンのルイゾッテイ指揮の「ドン・ジョヴァンニ」のBD輸入盤(日本語入り)を見つけたので購入したが、これは昨年クラシカ・ジャパンで放送されて収録済みであった。また、先月号で紹介した久元祐子先生の新譜CD K.331の新発見譜面による演奏とK.333の2曲を異なるピアノで弾き分けたものを購入した。また、海外盤レヴューで紹介した、これまで「魔笛」のフランス語版と思われてきたパリ・オペラ座のオペラ「イシスの神秘」(1801)がCD2枚組および、同じシリーズで「第1戒律の責務」K.35、CD2枚組を見つけたので購入してきた。新規購入のBD、3種類のCDを写真で紹介しておく。

16-2-6)、2016年2月号のソフト紹介予定、

       2月分のアップロードすべきソフトは、オペラ部門では半年分くらいのDVDなどの映像ストックがあるが、交響曲や協奏曲などの他の部門は、新規の放送ソフトに期待するか、あるいは各曲のデータベースの表に記載されている未アップの演奏を古いS-VHSテープから見つけ出す作業が必要となる。この隠れた未アップ曲をアップする仕事が完成すれば、このHPは完成状態となり、毎月の仕事は新規に収録した曲だけを楽しみながら毎月アップすることになる。ついに、この理想的な状況に到達するための、未アップ曲をアップする「しらみつぶしの山崩し的作業」に入ることになった。その手順は、これからゆっくり考えることとして、取りあえず2月号では次のようにしてアップすべき曲を選定した。

      まず手持ちのソフトが沢山あるオペラ部門では、昨年、続けてきた最近のザルツブルグ音楽祭の上演オペラのアップであり、「後宮」(2013)、「ドン」(2014)、「フィガロ」(2015)に続いて、エッシェンバッハの「コシ」(2013)の順番となろう。このDVDは輸入盤であるが、幸い日本語が付いており、6人のうち4人までがこのHPでお馴染みの大好きな歌手たちであり、入手したときから、アップするのを楽しみにしていた映像である。

       続いて協奏曲の部門であるが、5つあるHDDのどれに収録したか忘れていたのであるが、最近のクラシック倶楽部で収録したチェンバロ協奏曲K.107-1がストックされていたが、たまたま、1月24日のNHKのクラシック館で、マリナー指揮N響とオビッツのピアノで、ピアノ協奏曲第24番ハ短調が収録済されたので、この2曲を抱き合わせてアップすることを、急遽、決定したものである。

       最後に交響曲の部門であるが、演奏曲数が多い三大交響曲の第39番の総括が完成し、第40番の全数アップが12月に完了して、現在、総括に着手中であった。そして第41番だけが現在2曲、未アップの演奏が確認されている状況にあった。その2演奏は、第41番のデータベースを開いて、ムーテイ・バンベルグ放送響(1993)とハイテインク・ベルリンフイル(1999)であることを確認してあったが、前者がD-VHSで収録していたので、先にアップすることにした。後1曲を交響曲から埋めたいと、交響曲部門の各曲の未アップ演奏を1曲づつデータベースを丹念に山崩し的に調べ始めたが、交響曲第29番に二つの未アップ演奏があるのを発見した。その2演奏は、スクロヴァチェフスキ・N響(1996)とズーカーマン・イギリス室内楽団(1999)であったが、後者のデーターベースの原簿にはS-VHSのテープ番号が記入されてなく追跡が不可能であったので、2月分には前者を採用することにした。この最後の難関の山崩し作業の困難性が、ここで早くも露呈したような感じであった。

       以上が2月号でアップする予定の各曲であるが、2月号のアップロード作業が完了したら、直ちに全ての曲のデータベースを開いて、この未アップ演奏の「しらみつぶしの山崩し的作業」を実施して、未アップ曲を確定し、今後のアップ予定を計画したいと考えている。恐らく50演奏くらい残されているのではなかろうかと感で推定しているが、今年一杯でアップ出来るかどうかと考えている次第である。3月号に間に合うように作業を纏めたいと考えているので、ご期待いただきたい。


(以上)(2016/01/29)



(古いS-VHSなどより;二つの交響曲、K.551 およびK.201)
16-2-1、ムーテイ指揮バンベルグ放送交響楽団による交響曲第41番ハ長調「ジュピター」(1993)およびスクロヴァチェフスキ指揮NHK交響楽団による交響曲第29番イ長調K.201(186a)(1996)、N響定期第1886回、
1996年2月8日、NHKホール、
(1021212、CS736CHの放送をSD-48.5に収録、および960211、NHKの放送をVT-184.3に収録)

          2月号の最初のムーテイとバンベルグ放送交響楽団による交響曲第41番ハ長調「ジュピター」(1993)の映像は、クラシカ・ジャパンの2002年12月12日に放送されたもので、丁度、この前にメータ指揮ミュンフェンフイルによる交響曲第40番ト短調K.550(1995)(2-12-2)の映像に続いて放送されたものであった。ところが、2-12-2としてアップされた第40番の映像は、このHPソフトのグレードアップの際に、どうしてか、削除されてしまっていた。今回のムーテイのジュピター交響曲は、このHPでは彼の2度目の演奏となり、第1回目の演奏は、91年のモーツアルトイヤーにおけるザルツブルグ音楽祭でウイーンフイルと第40番・第41番とを演奏して、LD(13-4-1)化されており、報告済みとなっている。今回のムーテイの演奏は、クラシカ・ジャパンでは、この曲のみを放送しており、オーケストラがバンベルグ放送交響楽団で1993年に制作されたことしか記録がなかった。しかし、この会場は、クライバーの交響曲第33番のバイエルン国立管弦楽団との演奏と同じ会場に見えるので、恐らく、ミュンヘンのヘラクレス・ザールにおける演奏と言っても良いであろう。
         一方のスタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮NHK交響楽団の交響曲第29番イ長調K.201(186a)(1996)は、1996年2月8日、N響定期第1886回のコンサートの第1曲目の演奏であり、NHKホールでの収録となっていた。


(最新の放送から;二つのピアノ協奏曲、K.491およびK.107-1)
16-2-2、ゲアハルト・オビッツのピアノによるピアノ協奏曲第24番ハ短調K.491、マリナー指揮NHK交響楽団、N響定期第1822回、2015/11/24、サントリH、および大西孝恵のチェンバロとボストンの仲間たちによるチェンバロ協奏曲ニ長調K.107-1、
2006年6月25日、イシハラホール、大阪市、
(2016/01/24、NHKクラ館の放送をHD-5に収録、および2008/09/26、NHKクラシック倶楽部の放送をHD-4に収録)

       2月号の第2曲目は、今年の1月24日のNKKクラシック音楽館で収録したばかりのマリナー指揮NHK交響楽団でゲアハルト・オビッツのピアノによるピアノ協奏曲第24番ハ短調K.491である。このドイツの巨匠は、このHPでは初登場であり、この人の深みのあるインタビューの時の言葉から、久し振りで重厚なしっかりしたモーツァルトのハ短調協奏曲が聴けそうである。
一方の大西孝恵のチェンバロとボストンの仲間たちによるチェンバロ協奏曲ニ長調K.107-1は、5台にもなったHDDのどこに収録していたか不明になっていたものであったが、一番古いBDレコーダーのHDDに2008年9月26日の日付をもって収録されていた。この演奏は、三人のモダンな弦楽器と古楽器のチェンバロによる珍しいバロック・アンサンブルの演奏であった。オーケストラは2台のヴァイオリンとチェロの弦楽合奏であったが、チェンバロの音と良く重なり合って、素晴らしい響きが聞こえていた。


(最新のDVDのオペラから;2013年ザルツFのエッシェンバッハの「コシ」)
16-2-3、クリストフ・エッシェンバッハ指揮ウイーンフイル、ベヒトルフ演出によるオペラ・ブッファ「コシ・ファン・トウッテ」、
2013年8月、ザルツブルグ音楽祭、
(配役)フィオルデリージ;マリン・ハルテリウス、グリエルモ;ルカ・ピサローニ、ドラベラ;マリー・クラウデ・デチャッピス、フェランド;マーテイン・ミッテルツナー、デスピーナ;マルチーナ・ヤンジョヴァー、アルフォンゾ;ジェラルド・フインリー、
(2015/11/10、タワーレコード新宿店でDVDを購入、EuroArts 2072748)

      2月号の第三曲目は、昨年来、続けてきた最近のザルツブルグ音楽祭の上演オペラのアップの順番がやっと来て、「後宮」(2013)(15-9-3)、「ドン」(2014)(15-11-3)、「フィガロ」(2015)(15-12-3)に続いて、エッシェンバッハの「コシ」(2013)の順番となっている。このDVDは輸入盤であるが、幸い日本語が付いており、6人のうち4人までがこのHPでお馴染みの大好きな歌手たちであり、演出もベヒトルクの2回目のものであり、入手したときから安心して見ておれる、アップするのが楽しみな映像であった。 前回のベヒトルク演出は、2009年のチューリヒ歌劇場のもの(10-9-3)であったが、主役の二人、すなわちフィオルデリージのマリン・ハルテリウスとデスピーナのマルテイナ・ヤンコーヴァが同じ配役であるのも極めて珍しい。大ヴェテランに対して失礼であるが、どう成長したか(お年を取ったか)をみるのも面白いことであろう。


(以上)(2016/01/29)



目次5にもどる 目次4にもどる
目次3にもどる 目次2にもどる
目次1にもどる 私の新ホームページへ