2010年の私のゴルフ結果の総括、

−万年青会に入り、入賞回数は増えましたが、結局は昨年の記録を上回ることが出来ませんでした−−   

飛距離が出ず、アイアンが飛ばなくなり、ウッドを常用するなど年齢の壁を感じるようになりました


2010年(平成22年)の私のゴルフ結果の総括、

1、要 約−万年青会に入り回数は増えましたが、結局は昨年の記録を上回ることが出来ませんでした−


  年に数回のお付き合いのゴルフから、自分のためのゴルフに切り替えて、ゴルフが健康管理のための重要な日課になってから8年目となった。回数の多い四街道の記録から2010年の成績を評価すると、平均値では、09年の98.45に対し、本年は99.30と昨年に比し0.85ポイント多く、残念な結果になった。回数は09年の43回に対し、本年は38回と5回減っているが、旅行と天候の影響で、こういう結果になってしまった。08年に四街道年平均97.64というベストを記録するまで、05年以降わずかづつであるが、年齢に逆らってスコアが低減してきたのであるが、遂に09年、2010年と2年続けて年約1ポイントずつスコアが悪くなってしまった。スコアの低減は、73歳をもって限界に達したのであろうか。

  5回ある他のゴルフ場での記録を加えた2010年の全平均スコアは、丁度、100.00であり、ここでも昨年より0.30ポイント高くなった。
  2010年は12月に入って行った4回のスコアが410と100を超えてスコアを崩してしまい、一挙に昨年より悪くなったものである。その原因は、12月に入って高麗グリーンが急に早くなり、その対応が上手くいかず、同じようなミスを何回も繰り返したことによる。現在はパター恐怖症になっているが、グリーンのこの状態は、芝の芽が伸び出す3月中旬ころまで続くので、来年のスコアにも影響するのではないかと心配している。

  スコアの分析結果からは、2010年の成績は良くないのであるが、万年青会で初めて頂いたハンデイが28であったためか、しばしばアンダーが出るようになり、その都度、10位以内に入り、入賞させていただいた。しかし、10月例会で2アンダーで2位となり、ハンデイを22に上げられてしまった。また、9月の北大土木の33会では、87のスコアで優勝させていただいた。こういう大会で90が切れるスコアは出たことがなかったので、これは、日頃の努力の成果であると自分を励ましている次第である。

  以上のように、2010年のゴルフスコアの集計が出来ているので、来年以降の参考とするため、 以下に「2010年の私のゴルフ結果の総括」としてまとめてみた。
  スコアのアップを期待出来なくなった今、こうしたゴルフスコアの集計などを行っても意味がないのであるが、永年の習性で、兎に角、良くも悪くも、80歳まで続けてみたいと考えている。この馬鹿さ加減をお笑いいただきたいと思う。   


2、2010年のゴルフの成績集計表、

 2010年のゴルフ成績を03年以降の過去の集計表に習って集計すると、以下の表−1の通りとなる。この表においては、ホームコースの四街道での記録とそれ以外のゴルフ場の記録とに分けて整理しているのが特徴である。それは、四街道GCでの回数が多く、統計的に信頼性が高いと考えたからであり、その他のゴルフ場とは、京葉GC、藤代CC、などが主なコースとなっており、その結果は参考値に止まるものと考えている。

  
表−1、03年以降、2010年までの年間のゴルフ成績表
分 類ゴルフ回数グロス平均値標準偏差前年値−後年値範  囲
03年全体の結果21108.676.47
03年四街道13104.623.45
03年その他8115.254.40
04年全体の結果33103.456.78−5.22
04年四街道27101.374.97−3.22
04年その他6112.836.05−2.42
05年全体の結果41105.636.55+2.13
05年四街道32103.594.66+2.22
05年その他9112.897.37+0.06
06年全体の結果41101.145.19−4.49
06年四街道3399.753.15−3.84
06年その他8106.757.28−6.14
07年全体の結果33100.734.89−0.4192〜112
07年四街道2899.795.51+0.0492〜112
07年その他5106.201.48−0.55104〜108
08年全体の結果3199.356.15−1.3884〜109
08年四街道2597.645.51-2.1584〜107
08年その他6106.502.25+0.30103〜109
09年全体の結果4399.704.40+0.3591〜116
09年四街道3898.454.61+0.8191〜116
09年その他5109.202.77+0.52106〜113
10年全体の結果37100.005.46+0.3089〜111
10年四街道3399.305.53+0.8589〜111
09年その他4105.754.92-4.45102〜113


 表−1において、03年から2010年までの8年間の記録が示されているが、まず全体の平均値を経年的に眺めると、03年の108から08年の99まで、年々確実に低下しており、08年には遂に100を初めて切ることになった。しかし、09年には平均値が99.70、2010年の本年は、昨年より0.30ポイント悪くなり、トータルの平均値が、丁度、100ということになり、残念な結果に終わった。

 続いて、四街道GCの平均値を同じように眺めると、03年の104から08年の97まで、例外はあるものの加齢に逆らって、着実に低下していたのが自慢であったが、09年には98.45と前年に比し0.81ポイント上昇し、2010年には99.30と前年に比し0.85ポイント増加してしまった。真に残念な結果であるが、毎年、1年ごとにおよそ1ポイントづつスコアが悪くなると言う結果になっている。

  表−1において、右端にスコアの範囲を記載しているが、09年のベストスコアは91に止まったが、2010年には89というスコアが出ている。 
  09年に較べて、2010年には萬年青会での入賞が多く、北大の33会では優勝するなど良い時の記憶が鮮明なのであるが、このようにデータで見ると、加齢とともにスコアが悪くなると言う平凡な結果に終わっていた。


3、2010年の四街道でのもう一つの分析、

 07年から四街道の平均値について、もう一つの分析として、成績の前半(1〜6月)と後半(7〜12月)の比較を行っているが、09年についても同様に分析をして表−2の通りまとめて整理してみた。

表−2、四街道の成績の前半(1〜6月)と後半(7〜12月)の比較、
分 類回 数累計値/回数平均値標準偏差範   囲
07前半(1〜6月)141430/14102.145.00593−111
07後半(7〜12月)141364/1497.435.10992−112
07年全体(1〜12月)282794/2899.795.51392−112
08前半(1〜6月)111096/1199.645.38 89−107
08後半(7〜12月)141345/1496.075.48 84−105
08年全体(1〜12月)252441/2597.645.5184−107
09前半(1〜6月)202003/20100.155.82 93−116
09後半(7〜12月)181738/1896.563.26 91−102
09年全体(1〜12月)383741/3898.454.6191−116
10前半(1〜6月)151493/1599.535.55 94−111
10後半(7〜12月)181784/1899.115.51 89−111
10年全体(1〜12月)333277/3399.305.5389−111


  この表でお分かりの通り、私の年間のスコアは、前半(1〜6月)が悪く、後半(7〜12月)に盛り返す傾向があり、09年においても同様であった。例年1〜3月が最も悪く、これは高麗グリーンが冬場にはベントグリーン並に早くなることと、寒さが邪魔をすることが原因であると思われる。09年においては万年青会に参加したためルールになれるまで大変で、特に前半(1〜6月)が悪かった。しかし、2010年には、確かに前半が悪かったが標準偏差は変わらず、09年のような特徴は見えなかった。

  2010年には、どうしたのか12月に入ってから急にスコアが乱れて、08年、09年並にはいかなく残念であった。しかしながら、08年と09年と2年続いた、後半の平均96台というスコアは、我ながら立派であり、やはり来年の目標とすべきと考えている。


4、万年青会におけるスコアとプライベートゴルフとのスコアの違いの分析、

  09年の成績の悪さの重要な要因の一つに、万年青会での成績の悪さがあると考え、 09年の万年青会での成績と、プライベートなゴルフでの成績を比較してみた。その結果は、影響が大きかったので、2010年についても、表−3のようにまとめてみた。

表−3、年万年青会での成績とプライベートなゴルフでの成績との比較、
分 類回 数累計値/回数平均値範  囲
09年万年青会の成績171714/17100.8091〜116
09年プライベートの成績212027/2196.5292−102
10年万年青会の成績141392/1499.4393〜111
10年プライベートの成績191885/1999.2189−111


  万年青会では、ノータッチを始めとするOKなしのルールの厳しさと、シングル級の人と一緒にゴルフをする緊張感のせいばかりでない、全体的に精神的なゆとりの無さが成績に悪い影響を与えているように思われた。しかし、1年経つとルールにも馴れ、緊張感も薄れて、2010年にはプライベートゴルフとのスコアの違いが、09年ほど顕著でなくなった。万年青会に参加して以来、プライベートなゴルフでも無意識にノータッチでやっていることが多いが、OKありでやっており、これはスコアにかなり影響するものと思われる。


5、2011年への目標と期待、

 最近では、4歳年上の兄貴と2週間に1度、同級生の黒崎君とは月に1度のペースでやろうと言うことになっており、これだけでプライベートなゴルフは年間に24回となる。それ以外の建設OB関係、北大同級生関係、フェライン関係などの仲間内ゴルフが加わって、年間のプライベートなゴルフ回数が決まってくる。そしてこれ以外の週の木曜日に万年青会のゴルフが18回ほど加わり、毎週、ゴルフを続けたいと考えている。毎週1回だと機械的に年間52回となるが、昨年は万年青会が天候の関係で6回ほど中止になったり、2度の海外旅行のせいで4回ほど犠牲になったり、検査入院などのために2回休んでおり、年間通算回数は37回に止まった。2011年も昨年並みの回数になるものと思われる。

  2011年の目標は、なんと言ってもやり出した万年青会でのスコアをアップすることに尽きる。ハンデイが22と上げられたので、入賞は難しいかも知れないが、馴れてきたせいか、自分のペースで出来るようになってきているので、万年青会では今年以上のスコアを挙げることが可能であると思われる。しかし、何よりも健康管理を重視して、継続してゴルフを続けることが重要であると考えている。

 従って、2011年はスコアは従来通り記録するものの、特に目標は決めず、万年青会に出来るだけ多く参加し、ここでの成績をアップするように心掛けたいと考えている。強いて努力目標を考えるとすれば、年45回で、スコアは現状のプライベートの96を堅持することであろうか。


5、おわりに、

   2010年は昨年よりも平均スコアで1ポイントオーバーしたものの、暑い盛りでもプレイできたので、まずまずの出来であったと考えている。兎に角、加齢に逆らって良い成績を残そうとこれまで頑張ってきたのであるから、若い頃からしっかりゴルフをやっている人から見れば驚きになるであろう。しかし、健康でさえあればよいと始めたゴルフであるが、回を重ねるごとについ目標を設けたりして頑張ってしまい、気楽なゴルフに反するような、力の入る余分なことを行ってしまっているのも、自分らしい馬鹿さ加減であると思っている。

 しかし、2月で75歳という後期高齢者の仲間入りをするという年齢になって、80を超えてもまだゴルフ仲間がいると言う状態を作るため、09年には、思い切って万年青会に入会するという決断をした。これで、木曜日の時間までに四街道GCにさえ行けば、いつでも仲間とゴルフが楽しめる体制が完備している。兎に角、先を見据えて、今年も万年青会でも良い成績が残すことが出来るよう頑張ってみたいと思っている。

  (以上)(2010/12/27)


  参考;

09年の私のゴルフ総括、

08年の私のゴルフ総括、

07年の私のゴルフ総括、

06年の私のゴルフ総括、

    05年の私のゴルフ総括、


目次1にもどる
目次2にもどる
目次3にもどる
私のホームページへ

名称未設定